■作品紹介

体がスポンジとしてこの世に誕生したニャーコ。生きていくため自分の体を使い清掃で日銭をかせぐ毎日。ボロボロになりながらもニャーコの淡々とした日常は過ぎていく…。 
 
  
【舞台は昭和】
昭和三十年代頃の飲み屋街。ぶっきらぼうで、あつかましくて、やめるにやめられなくて、あけっぴろげ。良くも悪くも”熱い”人々が、ただ明日のために必死に生きていた時代。ニャーコはそんな街で働いています。 
 
 
【大人向け】
ほろ苦い大人にお送りするビターテイスト。ひたむきに生きるニャーコに押し寄せる苦難の数々。どんな状況の中でも、淡々といきるニャーコの姿。いろんなことがうっすらわかってきた世代にお送りする「大人向けアニメーション」作品です。